|
トップページ > 金融資産運用 > 株式の信用取引(1/1)

株式の信用取引(1/1)保証金・取引種類・弁済方法

株式の信用取引(1/1) 目次

まとめ解説01

株式の信用取引に関する解説試験に出るところだけギュッと圧縮!

株式取引というと、自分のお金で株を買って、株価が高くなったら売る現物取引が一般的ですが、投資家が証券会社から資金や株式を借り入れて株式の売買を行う「信用取引」もあります。

信用取引の委託保証金借金の担保

信用取引では、一定の委託保証金を担保として差し入れる必要があり、委託保証金率(取引金額に対する委託保証金の割合)が設定されています。
※例えば、取引金額300万円で委託保証金率30%の場合、差し入れる委託保証金は最低90万円(300万円×30%)ということになります。

信用取引の委託保証金は、金銭だけでなく、有価証券で代用することも可能です。
よって、まず現物株を購入し、それを委託保証金として、同銘柄を信用取引することもできます(「2階建て」と呼ばれたりします)。

●信用取引で買った株式が下落し、委託保証金維持率割れ(約定価額の20〜40%よりも低い価額)となった場合、追加保証金が必要です。
これがいわゆる「追証(おいしょう)」で、株が買ったときの3分の1くらいの価格になってしまうと、保証金を追加するように証券会社から求められます



ページトップへ戻る

まとめ解説02と過去問

信用取引の種類一般と制度

一般信用取引各証券会社がそれぞれで自由に設定するもので、返済期限が長め。

制度信用取引証券取引所が定めた銘柄を対象に、証券取引所の規則(返済期限は6ヶ月等)に基づく取引。

※一般信用取引の方が、自由に取引できる分、金利が高めです。

信用取引の決済(弁済)方法

反対売買(差金決済)原資産の受渡をせず、算出された損益に応じた金額(差金)のみを受け渡す決済方法です。現物決済と異なり、実際に株式と現金をやり取りせず、信用取引で利益が出れば利益分の金額を受け取り、損失が出れば、損失分の金額を証券会社に支払います。

現引き・現渡し(現物決済): 現引きとは、信用取引で買った株を証券会社に現金を払って引き取ることで、現渡しとは、信用取引で売った株と同種同量の現物株を、証券会社に売り渡し、代金を受け取ることです。



本テーマに関する過去問過去問検索

1級FP過去問解説

  • 1級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

2級FP過去問解説

  • 2級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

3級FP過去問解説

  • 3級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

1 | 

目次        

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●ユーキャンのFP講座 ⇒ ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

FPの過去問解説サイト

Site Menu

Sponsored Link

Copyright(C) FP試験マンガ!〜ファイナンシャル・プランナー資格試験に合格する○○な方法〜 All Rights Reserved.