|
トップページ > リスク管理 > 損害保険による個人のリスク管理(1/1)

損害保険による個人のリスク管理(1/1)ケガや賠償に備える

損害保険による個人のリスク管理(1/1) 目次

まとめ解説01

損害保険による個人のリスク管理に関する解説試験に出るところだけギュッと圧縮!

損害保険による個人のリスク管理とは、日常生活における偶発的な事故による損害(ケガ等)に対する備えのことで、傷害保険を中心に出題されます。

傷害保険(普通傷害保険)

●国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する保険ですが、補償対象は「急激かつ偶然な外来の事故による傷害」に限定されています。
⇒よって、自殺や自身の犯罪行為による死亡は補償対象外(生命保険の場合は、加入後2〜3年で自殺でも病死扱いとして保障されます)です。
⇒また、地震による怪我も補償対象外です(特約で補償対象となる場合も有り)。

家族傷害保険
日常生活の偶然な事故による傷害(死亡・後遺障害・入院・手術・通院)を補償する保険で、本人・配偶者・その他の親族が補償対象です。
※その他の親族:同居親族・別居の未婚の子(本人または配偶者と同一生計)

国内旅行傷害保険
国内旅行中の怪我のほか、通常の傷害保険では補償されないO-157などの細菌性食中毒も補償対象です。ただし、虫垂炎(盲腸)は、対象外となります。

海外旅行傷害保険
海外旅行中の怪我のほか、国外での地震・噴火・津波による傷害と、細菌性食中毒も特約なしで補償されます。

交通(事故)傷害保険
国内外を問わず、電車・飛行機・自動車などさまざまな乗り物に搭乗中の事故による傷害について補償する保険ですが、道路通行中の建物からの落下物(看板等)によるケガや、建物内や乗り物内での火災によるケガも、補償対象です。



ページトップへ戻る

まとめ解説02と過去問

所得補償保険働けないときの収入減に備える

病気やケガで就業不能となった場合、保険金として設定した一定金額を月額で受け取れる保険です(収入保障保険と違い、死亡・高度障害でなくても受取可)。

個人賠償特約・個人賠償責任補償特約賠償に備える

●日常生活における偶発的な事故による賠償責任を補償するものですが、業務に関するもの、他人から預かった物や借りた物、自動車の運行・管理等の賠償責任については補償対象外です(二輪車や原付も補償対象外、自転車は補償対象)。



本テーマに関する過去問過去問検索

1級FP過去問解説

  • 1級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

2級FP過去問解説

  • 2級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

3級FP過去問解説

  • 3級FPの過去問を検索 Yahoo! JAPAN

1 | 

目次        

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●ユーキャンのFP講座 ⇒ ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

FPの過去問解説サイト

Site Menu

Sponsored Link

Copyright(C) FP試験マンガ!〜ファイナンシャル・プランナー資格試験に合格する○○な方法〜 All Rights Reserved.